• 奥谷 隆一
  • ごきげんビジネス出版 全書籍が立ち読み可能!

    ビジネスパーソンの不安や悩みを解決して“ごきげん”にする新しい電子書籍アプリ!

    書籍一覧

    書籍一覧

    • ~若いうちから身につけよう~「ビジネスで成功する人が身につけている”気くばり”の極意」
    • 立ち読み(PC版)
    • ダウンロードはこちら
    • ダウンロードはこちら
    • ダウンロードはこちら
    ~若いうちから身につけよう~「ビジネスで成功する人が身につけている”気くばり”の極意」
    価格 100円   発売日 2013/6/28

    ビジネスと人生で成功したい人のための

    気配り上手になりたい人、、気配りの習慣を身に付けたい人、中身を変えたいと思っている人、成功につながるヒントを得たい人などにオススメ。

    著者:鈴木 誠一郎
    著者:鈴木 誠一郎

    1955年京都生まれ。立教大学経済学部卒業後、日産自動車株式会社に入社。
    営業本部、販売促進本部、企画部、地域戦略部、系列ディーラーと28年間勤務する中、新車セールスマンから中期経営計画策定まで、幅広く経験する。また同時に、社内コーチとして系列ディーラーのサポートにも取り組み、業績低迷店舗をベスト3店舗にまで改善させる。現在は、講師およびビジネスコンサルタントとして、幅広い業種の企業サポートを行なっている。コーチングマネジメント実践会代表、(財)生涯学習開発財団認定コーチ

    書籍内容

    今日のビジネスシーンでは、あらゆる場面でCS(お客様満足度)が重要視されています。それゆえ消費者は誰もが常に心地よい状態を求めるようになっています。人と人との間におけるCSとは「気くばり」を意味します。CSレベルもある程度以上でないと認識されないのと同じように、「気くばり」もあるレベル以上が必要なのです。ここに重要な意味が隠れています。それは「気くばり力」をもう1段階レベルアップさせることで一気に皆の注目が集まるということです。今日、ビジネスで成功している人は皆「気くばり」ができる人です。だからこそ若いときから「気くばり力」を身につけておくことが極めて大切なのです。   

    目次
    はじめに

    1章 「気くばり」ができる人は成功する
    1.ビジネスで成功する人は「気くばり」のできる人
    2.なぜ、ビジネスで「気くばり」が重要なのか?
    3.「気づき」とは何か?
    4.なぜ、話し上手は聞き上手なのか?
    5.聞き上手には忍耐が必要
    6.コミュニケーションがうまくできないとはどういうことか

    2章 ビジネスメールこそ「気くばり」が必要
    1.できる人のビジネスメールとは?
    2.なぜ、それほどメールの文章が大切なのか?
    3.ミスした場合の挽回メールの書き方
    4.読む人に信頼感を与えるメールマナーとは
    5.賢そうに見える報告書の書き方

    3章 気くばり実践編
    1.職場における日常の「気くばり」とは?
    2.これだけは実践したい日常の「気くばり」
    3.上司やお客様とクルマに乗る時の「気くばり」
    4.「気くばり」で成功している人の習慣術


    読んでみた感想、読んでごきげん^^になったことなど、お気軽に書き込み下さい!
    ごきげんビジネス出版をご覧いただいている皆様へ
    ごきげんビジネス事務局では、「こんな本出してほしい。」「こんな本読みたい!」「この人のこんな本を「ごきげん」で読みたい!」というようなご意見などを随時募集しております。是非お気軽にリクエストをお送りください。 事務局にリクエストをおくる。
    一番上に戻る

    Copyright © startialab INC. All rights reserved