ごきげんビジネス出版 全書籍が立ち読み可能!

ビジネスパーソンの不安や悩みを解決して“ごきげん”にする新しい電子書籍アプリ!

書籍一覧

書籍一覧

  • 伝説の講義 「成果のあげ方」
  • 立ち読み(PC版)
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
伝説の講義 「成果のあげ方」
価格 300円   発売日 2013/11/29

山形大、国際教養大、滋賀大、同志社大、龍谷大、モンゴル大……
日本だけでなく世界でも開催された、社会人としての心構えを説く「伝説の講義」を、電子書籍化!
社会人としてチームを束ねる心構えを説く「成果のあげ方」編を収録。

○新卒1年目~3年目の社会人○企業から内定を貰って社会人準備中の大学4年生
⇒このほか、こんな方にお勧めです!
○新卒のOJTを担当することになった先輩社員○内定者をどのように教育して良いか悩んでいる人事部

著者:松本 健太郎
著者:松本 健太郎

1984年生まれ。
大手金融業界の内定を蹴って、面白そうだからという理由でIT系ベンチャー企業のロックオンに就職。入社後は、新卒採用プロジェクトリーダー、セールスサポート、プログラマ、PMと各セクションを横断的に経験。
現在は、ソリューションアーキテクトとして製品開発に携わる。その一方、30年の歴史がある「みどり勉強会」の顧問の1人として、数百人を超える大学生を指導。勉強会での経験を基に、2011年に出版された「大学生のためのドラッカー」シリーズは大学生の間で反響を呼んでいる。

書籍内容

「社会人になったら、どのように結果を残せばいいのですか?」
「他の同期をぶっちぎって、成果をあげる秘訣は何かありますか?」

―山形大、国際教養大、滋賀大、同志社大、龍谷大、モンゴル大……日本だけでなく世界でも開催された「伝説の講義」。「大学では学べないけど、社会では直ぐに求められる知識と実学」をテーマに開催された講演の中でも、特に反響の大きかった「成果のあげ方」について電子書籍化。 コーヒー1杯分(300円)の授業料で、本当に役立つ「成果のあげ方」を一緒に学びましょう。  

目次
はじめに

第一章
「仕事をする」と「成果をあげる」の違い
組織は成果を欲している
孫正義症候群にはなるな
この章の結論

第二章
才能ではなく、習慣である
時間が何に使われているか知る
自分に期待されている成果は何かを考える
強みを基盤に、できることからスタートする
優先順位をつけて、それに集中する
シンプルな意思決定の軸を持つ
この章の結論

おわりに

読んでみた感想、読んでごきげん^^になったことなど、お気軽に書き込み下さい!
ごきげんビジネス出版をご覧いただいている皆様へ
ごきげんビジネス事務局では、「こんな本出してほしい。」「こんな本読みたい!」「この人のこんな本を「ごきげん」で読みたい!」というようなご意見などを随時募集しております。是非お気軽にリクエストをお送りください。 事務局にリクエストをおくる。
一番上に戻る

Copyright © startialab INC. All rights reserved