ごきげんビジネス出版 全書籍が立ち読み可能!

ビジネスパーソンの不安や悩みを解決して“ごきげん”にする新しい電子書籍アプリ!

書籍一覧

  • 20代、やってみたらこうなった。(vol.1)【初めての起業編】
  • 立ち読み(PC版)
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
20代、やってみたらこうなった。(vol.1)【初めての起業編】
価格 400円   発売日 2012/09/05

起業家・上場企業の会社員・100億円起業の経営者。20代で全てを経験する幸運(?)に恵まれた著者が語る異色の人生キャリア論。自身が経験した失敗談をあからさまに全て公開!

起業したい人、日ごろ失敗が多くて落ち込んでる人、営業がニガテな人(※営業がうまくなる本ではありません。)、営業に自信がない人に読んでいただきたい書籍。

著者:一圓 克彦
著者:一圓 克彦

フリーランス。起業家・上場企業の会社員・100億円企業の後継者という様々なキャリアを経験。立場や役割の異なる様々なキャリア経験の他、変わった名字、複数回転校、重度のアトピー性皮膚炎、月収7千円の極貧生活や、年収1億円の生活、結婚や離婚を経験した波瀾万丈な人生を通じて【複数の視点】で物事を見る目を養う。その視点により『顧客リピートの仕組み』を構築し、リピーター・ファン作りの専門家として年間200回を超える講演で全国を飛び回る他、執筆や講演を通じて【本質の捉え方】や【生きる楽しみ】を発信している。

書籍内容

将来は起業して社長になりたい!そう思っている私(当時21歳の大学生)に突然舞い込んだ起業話。これから始まる(はずだった)サクセス・ストーリーに胸を躍らせ、法人登記を済ませ、新しい事務所も決めた。真新しいオフィスで有頂天だった私。が、そこから起業の本当の恐ろしさを知る事に。事業の事、営業活動の事、お金の事、人のこと。次々に振りかかる難題に頭を悩ませ四苦八苦する毎日。起業当初のワクワクはどこへやら、悩んだ末、20代前半の私がとった行動とは?

目次
はじめに

目次
枯渇へのカウントダウン
会社の看板・その偉大さを知る
集計・分析活動は直接の利益を生まない
1冊のビジネス書に答えは無い
自分の快感を得られる仕事
緊張感・自信の無さは伝播する
カッコ悪くても動こう、そしてホンネを話そう
ファーストターゲットとセカンドターゲット
達成感は絆に変わる
経営者の仕事は“嫌われないこと”ではない
“想い”のない事業の行末
起業のイメージ

著者プロフィール
読んでみた感想、読んでごきげん^^になったことなど、お気軽に書き込み下さい!
ごきげんビジネス出版をご覧いただいている皆様へ
ごきげんビジネス事務局では、「こんな本出してほしい。」「こんな本読みたい!」「この人のこんな本を「ごきげん」で読みたい!」というようなご意見などを随時募集しております。是非お気軽にリクエストをお送りください。 事務局にリクエストをおくる。
一番上に戻る

Copyright © startialab INC. All rights reserved