ごきげんビジネス出版 全書籍が立ち読み可能!

ビジネスパーソンの不安や悩みを解決して“ごきげん”にする新しい電子書籍アプリ!

書籍一覧

書籍一覧

  • 聴衆に感動を与えるプレゼンの極意
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
  • ダウンロードはこちら
聴衆に感動を与えるプレゼンの極意
価格 400円   発売日 2014/10/10

IT革命のこの時代には、それに見合った個々人のコミュニケーション革命が必要です。この本では最新のダイナミックなロジカルプレゼンテーションのスキルを学べます。最新のコミュニケーションスキルを身に付けた、名プレゼンターを作ります。

現代で働いているすべてのサラリーマン、若いビジネスパーソン、緊張を克服したい方にもオススメ

著者:高野 文夫
著者:高野 文夫

伊豆大島生まれ。家庭が貧乏なため、中卒で集団就職をし、コックの見習いをするも、勉学意欲に目覚め高校に入り直す。都立高校と大学一年の4年間は新聞販売店に住み込み苦学をする。国立大学法人東京農工大学修士修了後、ドイツ系医薬品会社で薬の営業とプロダクトマネージャーを経験。マーケティングマネージャー、部門長及び日本・アジア担当リージョナルダイレクターを経験する。2000年に研修コンサルタントになり企業内研修講師として50社以上の顧客企業を持つ。主な趣味としては、空手道(43年継続)やヨガ、自然愛好家でもある。英語力を生かして英語で時事を語り合う国際的団体(EWDG)の会長を10年歴任。

書籍内容

人はロジックで納得し、パッションで動くものなのです。この本では、ロジックに加えて感動をいかに与えるかを学びます。感動は、コンテンツの良さに加えて、いかに相手の心に響くデリバリー(伝え方、説得の仕方)ができるかにかっかっています。白板に書いて喋るだけでは伝わりません! パワーポイント、フリップチャート、紙芝居、白板のミックス使用が肝です。そして良いプレゼンターは、いわば芸人であるべきなのです。

目次
第一章 プレゼンの全体像
1:プレゼンテーションって何だろう?
2:プレゼンテーションは3つの要素で成り立つ
①プレゼンテーションの戦略
②シナリオ作り
③デリバリー
3:しゃべるより見せよ
①なぜ、ビジュアル?
②ビジュアルを使う目的
③ビジュアル・メディア(視聴覚機器)
4:デジタル機器を活用しよう
①最先端のプレゼンテーション
②プレゼンテーション・ソフトを使いこなす
③世界へ発信する

第二章 上手な講演のコツ(読むな語れ!)
1:はじめに
2:聴衆を魅了する講演の3大ルール
3:講演のテクニック
4:マイクとポインターのテクニック
5:スライド作成のテクニック
6:電磁波ポインターの使用をお勧めします
7:前後移動には、ザリガニテクニックを!
8:第二章のおわりに

第三章 プレゼンは双方向にやれば成功する
1:はじめに
2:私が体験した悪いプレゼンの例(○○××実践セミナー)
3:私が体験した良いプレゼンの例(プレジデント社の藤原社長の例)
4:プレゼンターは、まずは外見で判断される
5:話は具体的に比喩を織り交ぜながら
6:SHOW&TALK のテクニック(まず見せろ!そして喋れ!)
7:第三章のおわりに

第四章 感動させるプレゼンを行なうには?
1:はじめに
2:コミュニケーションについて(語源など)
3:なぜ、わかってもらえないのか?
4:感動させる本質は何だろう?
5:感動させるテクニックとは?
6:第四章のおわりに

第五章 ロジカルプレゼンテーションとは?
1:はじめに
2:ロジカルとは、いったい何だろう?
3:結論から入ること!
4:ピラミッド構造を頭に叩き込め!
5:MECEとは?
6:フレームワークで「見える化」する
7:WHY?(なぜなの?)、SO WHAT?(だから何なの?)を頻繁に発信する文化を身につけよ!
8:メタファーの効用
9:第五章のおわりに

第六章 プレゼン後の質疑応答のコツは残心にあり
1:はじめに
2:手に好印象を与える『質問のとり方』
3:名プレゼンターの質問のテクニック
4:名プレゼンターの聴き方のテクニック
5:名プレゼンターのメモの取り方のテクニック
6:第六章のおわりに

第七章 日本人は、語学力とプレゼン力で世界の孤児になってはいけない!
1:はじめに
2:プレゼンの大切さを理解できないでいる著名なリーダー達
3:ダイナミックなプレゼンの成功例(東京ディズニーランド)
4:プレゼンの成否で人生が決められるのを目の当たりにした
5:大成功だった2020年東京オリンピックの誘致委員のプレゼンテーション
6:ケネディ大統領の名プレゼンテーション(演説)
7:早稲田大学雄弁会(そのプレゼンの名人達)
8:プレゼンにおいて世界の孤児になるな!
読んでみた感想、読んでごきげん^^になったことなど、お気軽に書き込み下さい!
ごきげんビジネス出版をご覧いただいている皆様へ
ごきげんビジネス事務局では、「こんな本出してほしい。」「こんな本読みたい!」「この人のこんな本を「ごきげん」で読みたい!」というようなご意見などを随時募集しております。是非お気軽にリクエストをお送りください。 事務局にリクエストをおくる。
一番上に戻る

Copyright © startialab INC. All rights reserved